墓石のデザインと値段

春彼岸、お盆時期、秋彼岸近くなると、必ずといっていいほど、新聞の折り込みチラシに墓石のチラシや、石材店のチラシが入ってきます。

ふだん何度もお墓参りすることがないので、お墓を見るという機会はありません。

また、自分の先祖代々のお墓やまわりのお墓しか見たことがないので、新聞の折り込みチラシに入ってくるいろいろなデザンイのお墓を見ると、少し新鮮な気持ちにすらなります。

最近のお墓のデザインは、たくさんの種類があるのですね。

典型的な日本のお墓といえば、細長い石が多いですが、最近のお墓のデザンイはそれほど高さがなく、平たい感じのデザインの墓石が多いことがわかります。

典型的な日本のお墓は和型と言われるもので、縦長の3段または4段のお墓で、日本人にはいちばん馴染みがあるデザインです。

平たい感じの横幅があるものは洋型と言われるデザインのようで、ここ数年人気があるデザインのようです。

洋型のデザインでは、使用する石の色のバリエーションも広がり、ピンクや青系、グリーン系などいろいろな色のお墓石もあるようです。

また、和型、洋型にとらわれず、特注のデザイン墓石というのもあるようですね。

第19回デザインコンテスト受賞作品≫≫お墓・墓石のご相談は全優石へ

特注のデザイン墓石になると、当然デザイン料や加工料もかかるので墓石値段は高くなるのではないかと思います。

新聞の折り込みチラシには、デザイン墓石承ります、最低金額○○円~と書かれていました。

墓石値段でも、あれもこれもということで追加していくとかなりの値段になるのではないかと思います。